しばしばオフトン

内科医、栄養専門医。平和な日常。

朝、刹那の救出劇

f:id:ikopu:20190223100655g:plain

 

妻曰く「あんなに切羽詰まった表情のイコプを見たのは久しぶりだった」とのことでした。

 

さて、この世の中には「初心者がうっかり切り出してはいけない危険な討論」というものがあります。

そう、例えば「きのこの山かたけのこの里か」とか、「ビアンカかフローラか」とかそういうやつです。

これらの話題を出してしまうと、もう少しでまとまりそうだった縁談も「そちらは里の者でしたか・・・我ら山の民、この話はなかったことに」となってしまいますし、和気藹々と楽しかったはずの忘年会も、最終的に普段は温厚な上司が「これは部長命令だ!!ビアンカ一択!」と突然の権力を振りかざしもう最悪の雰囲気になってしまうわけです。

 

さて、そんな話題の一つに、「布団かベッドか」という話がありますよね。

私は子供のころは布団で過ごしていたわけで、布団に対しての愛は比肩無き思いがあると思うのですが、社会人になってからこれまで、なんだかベッドという存在に浮気していたところがあります。

ベッドは、確かに様々な利点があります。

スプリングが効いててなんだか気持ち良いとか、床の冷たさが伝わってこなくて良いとか。しかし、今朝のこの九死に一生を得た経験から、改めて布団のその絶対的な良さに気付かされました。そう、布団からは落下しない!!!安全!!!最強!!!命には代えられないー!

 

f:id:ikopu:20180712143700j:plain「と思うわけですが」

f:id:ikopu:20180712143701j:plain「和室だったら布団だよね〜」

f:id:ikopu:20180712143700j:plain「でも今の我が家は洋風だから?」

f:id:ikopu:20180712143701j:plain「ベッドだよね〜」

 

ー完ー